自動破砕式 塩ビ管破砕テスト

塩ビ管破砕テスト概要

塩ビ管をできるだけ手間をかけずに破砕できないだろうかと言う相談を頂き

塩ビ管を投入しておけば自動で破砕できるタイプの機械のテストを行いました。

使用機械

YS-GKW600型破砕機(テスト機)

塩ビ管破砕テストにはGKW600型を使用しました。

このタイプは木屑などを自動破砕でき、低回転で力を取りにくいです。

塩ビ管自動破砕の問題点

塩ビ管は円筒形の為、複数本投入した場合には

一本ずつ投入する場合とは違い、色々な状況での破砕が出来るように考えなければいけません。

GKW600型はシリンダーを使い回転刃に押し当て破砕していくタイプなので

材料を投入しておくだけで破砕出来ますが

塩ビ管の表面はつるつるすべりやすく回転刃の回転にあわせてくるくる回ってしまったり

中が空洞になっており円形でもあるため、余分な材料が入るとうまく力が伝わらず

なかなか破砕できませんでした。

問題点の改善

問題点で挙げた通り、自動破砕するタイプでは破砕するのが難しい塩ビ管ですが

当社では、回転刃に独自の刃物を使用し

押し出し箱に共回り防止の機構を設置することで食い込みを良くし

また、回転刃とシリンダーとの間隔を調整することで

なるべく破砕部に余計な材料が入らないようにし

しっかりシリンダーの力を伝えることで破砕していくことが可能になりました。

活用方法

この方法を利用することで、塩ビ管を破砕するためにずっと人が付いて機械を動かす必要が無く

投入しておくだけで自動で破砕してくれるので、今までより手間を削減することが出来ます。

手間はかけたくないけど、塩ビ管を破砕して処理やリサイクルする場合にオススメです。

逆に、手間をかけてもどんどん塩ビ管を破砕して

量を出さないといけない場合には余りオススメは出来ません。

もちろん、この機構を利用して木屑などの木材の破砕も出来るので

手間をかけずに破砕したいものがある場合に活用してみてはいかがでしょうか?