林業関係者さん向け!簡易式原木曲り仕分け機!

現場で切り出した原木を原木市場に持っていく場合

椪(原木一山あたりの単位)の中に曲りの原木が混ざっていると

椪の値段が下がってしまうため、直材の原木まで価値が下がってしまうそうです。

 

カメラ・センサー式の原木選別機を使い原木の曲りや直径などを仕分けることも可能ですが

そのような原木選別機は、精度は高いですが高価である為

原木にかかるコストが高くなってしまいます。

 

そこで九州の丸雄林業様から相談を受け

簡易式の原木曲り仕分け機を製作いたしました。

 

 

この仕分け機は、原木をタイヤの上で回し、曲がりを見て仕分けるというシンプルなものですが

シンプル故に低コストに抑えることが可能です。

そのため、原木にかかるコストを抑えつつ、良質の椪に曲りの原木が混ざり

価格が低下することを防ぐ事が出来ます。

 

 

もちろん、高精度の選別や仕分けを行う必要がある場合

精度の高い原木選別機を使う方が良いでしょう。

しかし、そこまでの高精度の選別が必要で無い場合

利用してみてはいかがでしょうか?