発売から15周年、今も信頼されるロータリースクリーン

ロータリースクリーン

 

お客様に、より長く安心して使って頂くために

当社は15年前より台湾の提携工場に協力して頂きロータリースクリーンを製作しております。
ロータリースクリーンをより高耐久で低騒音なものにするためには、ふるいのウェイトバランス、各所のベアリングの相対位置などを高い精度で追及していく必要があります。
そのため海外である台湾で製造するにあたって、一番気を使う点でした。
初号機製作にあたっては、何度も台湾に足を運んで気になる所や悪い所を徹底的に確認して修正し、納得のいく精度がでるようになるまで約一年間かかりました。
最終的には機械をもう一度作り直した上で、約1週間かけて連続運転時の異音や振動等のテストを行い、確認後に日本に輸入しています。
そのテストは、現在でもスクリーン製作時に行っています。
製作を重ねるうちに、製作・精度のノウハウも向上し納期も現在では半分以下になりました。

 

ロータリースクリーン

 

さらなる安心をもとめて~当社のこだわり~

台湾工場での厳しいテストと確認を行い日本に輸入されてきたロータリースクリーンではありますが、当社では間違いなく安心で高性能な製品をお客様にお届けするために、輸入後すぐにお客様へお届けするのではなく、当社工場へ一度搬入し確認と試運転を行ってから出荷しています。

 

ロータリスクリーン

上の写真は、日本の当社工場にてスクリーンを一度分解し各所の確認と再調整をしている様子の一部分です。 写真では、ふるいをひっくりかえして中央を吊り、ふるいのウェイトバランスを確認しています。 そのほかにも、ベアリング等の確認やモーターを日本製のものに付け替えをして、もう一度試運転を行い異音や振動などの確認をしています。

 

大変手間の必要な作業ではありますが、そうしてかけた手間こそがお客様へ安心で喜んでいただける製品につながると考えています。 現在も、自信をもってお客様に提供させて頂いております。

 

製品情報 ロータリースクリーン

MK型ロータリースクリーン カタログ